防犯対策や修理|鍵・ドアノブ・防犯カメラやフィルム

防犯フィルムとは

防犯フィルムと呼ばれる設備の概要と歴史

防犯フィルムとは一般的に、窓の表面にはり付けて使うフィルムの事を指して表現されます。それにより、窓ガラスへの侵入者による破壊を遅らせ、侵入を抑制する事が可能となります。 防犯フィルムは具体的な定義として、窓表面にはり付けて使う、厚さ数百ミクロン程度のフィルムの事を指しています。同じ用途でも通常の飛散防止フィルムとの差となっているのが厚みで、一般的にこれらには5倍程度の差があると言われています。それにより、十分な強度をフィルムに持たせる事で、侵入者はガラスを割った後にフィルムを切断しなければならず、犯行時間の引き延ばしに繋げる事が可能となります。 こうした防犯フィルムは1960年代から業者による提供が広がり始めたとされており、現代では数十年単位の実績を持つ業者が主とされます。

フィルムに関する予測

防犯フィルムは仮に1度はり付けたとしても、永久に安全になると言える備品ではありません。時間が経過する事によって、素材が劣化するため、何も衝撃を加えられなくても質の低下はあり得るためです。 したがって、防犯フィルムの定期的な張り替えも不可欠な防犯措置の一環となります。 現代ではこうした面を持つフィルムの素材向上への取り組みがいくつかなされていると言われています。素材成分自体の選別やガラスの構造・組み合わせなどに工夫を凝らす事で、より破壊されづらく劣化に耐性がある様な素材開発への研究が挙げられます。また近年では環境負荷にも配慮した機能を持たせる研究も進められているとされます。 防犯フィルムは同じ侵入防止対策となる鍵への工夫と比べて、従来の注目度が低めだったとされる統計もあり、今後の普及とさらなる素材開発が肝心だとされています。